家族葬の流れという物

subpage01

葬儀に参加をしたことはあっても、実際にはお葬式を執り行う側になったことはないという人もいます。

そう何回もするものでないから当たり前なのですが、特に今主流化し始めている家族葬はコスト面もかからないとしていますので、注目されている葬儀方法です。


そんな家族葬ですが、実際はどれくらいするのかです。
セットプランだけですと30万円から行えますが、それにプラスするものがいくつもあります。

流れとしては、お迎えにあがり、御遺体搬送をした後、御遺体安置に納棺、お通夜に告別式に出棺となり、火葬となります。
そして、プランに含まれている物は、葬儀屋によってセット内容が違います。

一流の毎日新聞の情報を多数ご用意したサイトです。

ただ、大まかに言えばお迎えと安置場から式場、火葬場までの寝台車にドライアイス1日分に枕に飾る一式と、役所や火葬場への手続き代行にお棺、骨壺や骨壺箱に棺の中の布団、簡易祭壇に遺影写真、受付セットとスタッフと、自宅に飾る祭壇などです。こういった物が含まれて、プラスして葬儀の流れに伴い用意するお花や読経、お料理や安置場所代金に看板や喪服のレンタルと返礼品といったものをプラスして行きます。

ゆえに、家族葬とはいえ安いと言えどお金はセット内容より高くなります。


流れと費用を確認して、納得できるお葬式をしてください。



さらに、今も根付く土地柄の風習もありますから、その点も考慮して葬儀屋も配置しているところもあります。



まずは、家族葬という物を知り、そして流れと費用を知ることをしてください。