家族葬を行う際のマナー

subpage01

最近では葬儀に家族葬を選ぶ人が増えています。

家族や親族のみが参列し、少人数で行えるため故人との最期の時間をゆっくりと過ごすことができると注目されています。


家族葬には満足できるお見送りを行えること以外にも費用が抑えられることや遺族の負担が少ないこと、プラン内容を自由に決めやすいといったメリットがあります。
たくさんのメリットがあるため利用を検討している方も多いですが、家族葬を行う際にはいくつかのマナーに気を付ける必要があります。まずは親族の範囲についてです。

快適な暮らしを実現するためのマイナビニュース情報ならこちらのサイトです。

親族は3親等以内と言われることがほとんどですが、3親等以内であってもすべての人と交友関係があるわけではありません。

また遠方の親族に案内をすると負担を与える可能性もあります。

ですから、すべての親族に葬儀を案内する必要はないのです。



しかし、ここで勘違いをしてしまう人が多いのですが、故人が亡くなったことは伝えなくてはなりません。


そうしなければ相手を親族として扱っていないと誤解されてしまう可能性もあります。



次に故人と親しかった友人への対応です。遺族と故人の友人は関わりがないからと連絡しないのは駄目です。
とても親しかった友人であれば最後に顔を合わせられなかったと悲しむ可能性もあります。そのようなことを防ぐためにも故人の意思で親族で葬儀を行うなどと告知をしっかりしましょう。


このように家族葬の際には、周囲への連絡と遺族の気持ちを真摯に伝えることを忘れないようにしましょう。