家族葬の特徴とそれを行う時の注意点

subpage01

家族葬とは、家族などの近親者だけで葬儀を行い、近親者以外の儀礼的な参列者の参列を断る葬式のことです。



よいところは、参列者の数が、予め分かり、予算の変動が少なく、日程も簡単に決めやすいlことです。

様々な種類のlivedoorニュースの有益性の紹介です。

近親者だけで、葬儀を行うので、弔問客に気を使うことなく、故人と心行くまで、お別れができることです。
小さなお葬式になるために、係員の数が少なくなり、参列者も少ないために飲食費や返礼品と数も少なくなり、葬儀の費用が安くなることです。

家族葬をするときにをつけなければならない事は、家族葬に参加する家族の範囲がどこまでかと言う定義が、人よって違うと言う事です。

人によって、「家族は遺族だけである」とかんがえるひともいますし、故人の兄弟姉妹は家族に入ると考える人も考えない人もいます。

葬儀のお知らせをする範囲をどこまでにするのか、最初に、決めておく必要があります。


また、そのときに、香典や供花を受け取るか受け取らないかも決めておきましょう。
参列をお断りする場合、香典、供花、弔電をお断りする場合は、その旨の文書も準備しておく必要があります。


家族葬を行う時の葬儀社選びですが安い家族葬パックには、実際に必要なのに、含まれていない費用があったり、サービスの品質や量が、希望と異なる内容であったりします。もし家族に高齢者がいて医師に「延命治療をしますか」と問われた場合は、葬儀社で事前相談をして、丁寧な事前相談に乗ってくれる葬儀社を探しておきましょう。



注目情報

subpage02

高齢化社会を迎えると同時に社会が多様な考え方、文化を認めるようなものになってきた現在、葬儀の形も様々なものに代わってきました。これまで、日本では葬儀と言えば家族のみならず親族、勤務先の方々や近所の方々も集まって盛大なものを行うというのが主流でしたが、それが最近変わってきています。...

NEXT

人に言いたい社会

subpage03

葬儀に参加をしたことはあっても、実際にはお葬式を執り行う側になったことはないという人もいます。そう何回もするものでないから当たり前なのですが、特に今主流化し始めている家族葬はコスト面もかからないとしていますので、注目されている葬儀方法です。...

NEXT

皆が知りたい情報

subpage04

家族葬の比率は、平成26年度のとある出版社の全国調査によると、32%となっています。従来通りの葬儀は42%であり、それに迫る勢いで増えています。...

NEXT

身になる知識

subpage04

最近では葬儀に家族葬を選ぶ人が増えています。家族や親族のみが参列し、少人数で行えるため故人との最期の時間をゆっくりと過ごすことができると注目されています。...

NEXT